効果をブーストさせる?ピクノジェノールについて解説!

このページではピクノジェノールとは何なのか?その効果についてご紹介します。

ピクノジェノールとは?

ピクノジェノールとは、 ホーファーリサーチ社が開発した天然の抗酸化成分で、フランス海岸松の樹皮より特許製法に基づいて抽出されています。

ピクノジェノールは、米国、日本をはじめとする世界90ヵ国以上で商標登録されています。
肥料や農薬などを一切使用しないで成長した樹齢25年以上のフランス海岸松の樹皮を伐採後24時間以内に特許製法に基づいて樹皮剥離、抽出工程へと移ります。

ピクノジェノールは特許化された抽出プロセスにより、水溶性ポリフェールであるプロアントシアニジンをはじめ、カテキン、エビカテキン、フェノール酸など40種類以上ものフラボノイドを取り出して粉末化されています。フランス海岸松樹皮1000Kgから抽出されるピクノジェノールはなんと微量の1Kgだけだそうです。

次に原料となるフランス海岸松について紹介していきます。

原料のフランス海岸松とは?

フランス海岸松は、フランス、ボルドー地方の南西部海岸からスペイン国境、ピレネー山脈までにかけての自然豊かな大西洋沿岸地区に生育しています。

日本の松は成長が100年~150年もかかり、樹皮の厚さは約3cmですが、フランス海岸松は成長が約20年と非常に早く、樹皮の厚さは約10cmもあります。

これは海から吹く強い風と年間320日以上が晴天という強い紫外線にさらされた環境で育っているためです。よって紫外線や乾燥に負けない強い樹皮が形成されています。

栄養もここにぎっしり詰まっているわけですね。

ピクノジェノールの効果

ピクノジェノールの5大効果について紹介していきます。

1:強力な抗酸化力

強力な抗酸化機能で活性酸素を除去するだけでなく、
細胞を刺激し、細胞内の抗酸化作用を高めます。
その抗酸化力はビタミンCの340倍以上にもなります。

体内で増えた活性酸素を除去していくことが、老化や、がん、生活習慣病などの予防になりますが、活性酸素によって酸化を抑えることを、抗酸化と言い、活性酸素から体を守ることを抗酸化作用と言います。 抗酸化とは体の中を錆びつかせない(酸化を抑えること)ことですが、活性酸素は体内の酵素によって分解されます。

2:血流改善機能

血小板の凝集をほどよく抑制し、
ドロドロとした血液をサラサラにする作用があります。
また、末梢血管を拡張する働きもあり、
二重三重に血流を良くします。

3:コラーゲン結合機能

皮膚や体内のコラーゲンやエラスチンと強く結合し、再生させます。
また、有害な酸素によるコラーゲンの分解を抑制する働きもあります。

4:有力な抗炎症採用

重大な疾患に繋がりかねない体内で起こる様々な炎症に対して、
消炎ならびに鎮痛の作用があり、
痛みも和らげることが臨床試験で証明されています。

5:血糖値改善機能

糖尿病患者の健康を改善するために血糖値と血圧を正常化します。
さらに糖尿病の様々な合併症の進行を止め、治癒を早めます。

シトルリン・アルギニンと相性抜群◎

なんといってもピクノジェノールの最大の特徴はメンズサプリに欠かせないシトルリンやアルギニンと合わさる事で効果が増すことです。

シトルリン・アルギニンとの組み合わせで精子の質を改善する(男性不妊治療に有効)[参考]

アルギニンとの組み合わせで精神性ED改善作用[参考]

ピクノジェノールの安全性

ピクノジェノールでは各種試験を実施しているそうです。

・急性毒性試験
・生殖毒性試験
・慢性毒性試験
・催奇形性試験
・各種皮膚毒性試験
・変異原性試験

さらに米国において食品として一般的に安全である、GRAS(Generally Recognized As Safe)の認定を受けています。

また、日本でも食品・化粧品原料としての使用許可も得ています。


・Drug Master File:医薬基準の基本データ・ファイル
・完全な毒性試験
・副作用の報告なし
・米国食品医薬品局(FDA)によりGRAS認定取得
・TGA 認定取得(オーストラリア)
・KFDA 認定取得(韓国)
・MAFF 認定取得(英国)
・AFSSA 認定取得(フランス)
・11ヵ国にてOTC医薬品として登録
・学術論文480件以上
・臨床試験160件以上
・臨床試験において15000名以上の被験者
・11ヵ国でOTC医薬品登録
・US特許及び国際特許を取得

(ホーファーリサーチ社 発表)

安全性については全く問題なさそうですね。

ピクノジェノール単体ではなくシトルリン・アルギニンと同時に含まれているサプリがあるなら1度試してみる価値はありそうですね!

以上ピクノジェノールについてでした!

おすすめの記事